2005年05月09日

本当の心の声って!「エンジン」から

子供の気持ちは、本当に複雑な様で実は凄く単純だったりする。 何故か? それは精一杯考えて1番単純な答えを出せるからだと思う。実はこれって『もの凄く、凄い!事なんだよ』 色々な柵や他人の気持ちを考える前に自分の気持ちをしっかりと彼なりに整理し、単純な言葉や態度や発声で表現出来るからで有る。 大人はそれが出来ません。!何故か? 大人は自分の表現が相手にどう影響を与えるか?とか、こんな事を言ったらきっと悪いとか、とにかく人を気にし過ぎる位、気にして居る。 世の中は、そんなに気にもして居ないのに、勝手に自分で気にしてしまって居る。 悩むなら悩めば良いよ! でも悩む事が出来るって事は、裏を返せば幸せな事なんだよ! 何故か?って『だって悩む時間が有るじゃない!』『悩んで居られない位大変じゃ無いでしょ!』『いちいち悩んでなんか居られないんだよっ!』『悩んでるだけじゃ、飯食えね〜んだよっ!』って人も居るって事さ。
もし君等が今の日本社会で『あ〜だ、こ〜だ、』って悩んで社会を怨むなら、ちょっとお金を貯めてさ、世界を見てくれば良いんじゃないかな! 君の悩みなんか、ぶっ飛ぶ位の状況は世界にいくらでも有るんだからさ。 子供がさ、あの小さい心で悩む・・・そして自分成りに声を発する。本当は凄くシンプルで、 『本当の心の声』 なんじゃないかな?って今日は思った。
『僕は・・僕は・・可哀想なんかじゃ無い!・・可哀想なんかじゃ無い!』 心の叫びですね!
『可哀想』って言葉は相手が思う事で、本人が思う事じゃ無いからね。
posted by 信天翁の山さん at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。